• ホーム
  • 木造住宅推進協議会について

木造住宅推進協議会について

沖縄県の住宅は、戦前の伝統的な木造住宅から戦後は鉄筋コンクリート住宅(RC工法)に移り変わり、長い年月においてRC工法の住宅が定着してきました。原因は台風やシロアリの対策及び戦後の米軍関係の住宅(RC住宅)の影響などが考えられます。

しかしながら近年は、戸建新築住宅における木造住宅の選択が増えております。戸建に占める木造住宅の比率は、平成20年までは5%前後で推移しておりましたが平成27年には21%を占め、約4倍の増加率となりました。

その要因は、プレカットシステムによる資材供給(職人不足への対応、工期短縮)及び台風やシロアリ対策に対する技術向上が図られ、更に標準的な住宅で建築費用が比較的安く済むことや多くの施工業者が木造に参入する中で、外観や内装のデザインが洗練され資材仕様も多様化したことで選択肢の幅が広くなったことなどが挙げられます。

このような中で、本協議会は林野庁や一般社団法人全国木材組合連合会の支援を受けて地域材を活用した木造住宅の普及を目的に平成27年10月22日に設立いたしました。
木材の専門家である木材店が手掛ける木造住宅の普及を目指すとともに地元の方々に木造住宅の良さを知っていただき、快適な住空間を実感できる住まいを提供するため活動をスタートいたしました。

施主様との相互の信頼関係を構築し、より良い住まいを築いていくことが最大の喜びであります。沖縄でも木造住宅が当たり前に建てられる、そんな日が間近であることを実感しております。

木材のプロが建てる木造住宅を選択肢の一つとして加えていただければ幸いであります。

沖縄県木造住宅推進協議会
会長 長堂 昌太郎

協議会概要

所在地 〒900-0033 
沖縄県那覇市久米2-2-10(沖縄県木材協会内)
TEL 098-868-3656
FAX 098-863-6431
E-mail お気軽にお問い合わせ下さい
設立 平成27年10月22日

目的・事業

目的

本協議会は、沖縄県内で地域材を活用した木造住宅の施工を行う事業者の組織化を図り、共同事業を実施することにより木造住宅の普及を推進することを目的とする。

事業

  1. 木造住宅の普及活動事業
  2. 関係団体及び関係機関からの受託事業の実施
  3. 木造住宅に係る専用ウェブサイトの製作運営
  4. 木造住宅に係る研修会等の開催
  5. その他、当協議会の目的を達成するために必要な事業

役員名簿(敬称略)

平成27年10月22日~平成29年3月31日

役名 氏名 所属会社 住所 電話番号
会 長 長堂 昌太郎 (株)長堂材木店 〒901-2204宜野湾市上原2-5-6 098-893-1414
副会長 新垣 高司 (資)新垣材木店 〒902-0076那覇市与儀2-1-19 098-832-3538
小山 幹太 (株)茶甚 〒900-0005那覇市字天久1107 098-868-5452
理事 赤嶺 光茂 (有)赤嶺光一材木 〒900-0025那覇市壺川2-13-34 098-853-1383
新垣 力太 新垣産業(株) 〒905-0005名護市字為又1219-87 0980-52-2632
平良 哲哉 (株)ランバーランド 〒901-1204南城市大里字稲嶺1840-1 098-944-8330
新垣 守泰 (株)新洋 〒901-2101浦添市西原5-7-1 098-878-9442
和宇慶 朝吉 (有)和宇慶材木店 〒904-0003沖縄市住吉1-14-30 098-937-1215
大嶺 康子 (株)大嶺建材 〒905-0019名護市大北4-23-9 0980-52-2684
監事 海江田 明 木脇産業(株)沖縄支店 〒901-1302与那原町字上与那原463 098-945-2913
鉢嶺 元慶 (株)鉢嶺材木店 〒901-2402中城村字泊432 098-895-3919