木造住宅の紹介

木造住宅推進協議会 会員の木造住宅実績になります。

空の森(八重瀬町屋宜原)

緑に囲まれた約1万3千平方メートルの広大な土地に延床面積は約2800平方メートル、全て1階建。 コンクリート造りの手術棟以外は外来やカフェ、利用者が憩うことができるホールは木造建築物です。

宜野湾市喜友名

昨年末(2015年)、12月に完成した木造2階建て住宅。 長期優良住宅の認定を受け、省エネ住宅ポイント(300,000円相当)申請の代行手続きにより施主様に還元することができました。

大宜味村C邸

大宜味村に建築したC様邸は、内装も外観も木にこだわった家となっております。施主様と何度も何度も話し合い、施主様のご要望に応じながら一から作り上げてきました。 完成後は施主様、ご親戚が集まる新築祝いに参加し、大変満足しているとのお声をいただきました。

南城市K邸

南城市に建築したK様邸は、南城市の景色の良い高台に立地しております。ベランダでハンモックが設置できるようにバルコニーを広く取りました。 また、車が2台入る車庫も欲しいとの要望に応え、車庫を設けています。

豊見城市N邸

豊見城市のN様邸は、二世帯住宅で建築しました。 通常の1階、2階での世帯分けではなく、隣り同士での二世帯住宅です。親世帯は1階平屋で、息子世帯は2階建てとなり、玄関は2つありますが、中では扉1枚でつながっており、扉は鍵もかけられるので、プライバシーも配慮できるような造りとなっております。

南風原町O邸

南風原町のO様邸は静かな住宅地に建築しました。 玄関の雨端(あまはじ)はチャーギを使用し、沖縄住宅の雰囲気を出しています。 また、内部の天井を吹抜けにし、木を見せる造りとなっております。さらに吹抜けにすることにより、内部が広く感じることができます。